【墨田区】見えないところにこだわる江戸っ子の粋。熟練の革職人の手仕事が発揮された革小物がMAKUAKEに登場しています。

両国一丁目、一之橋のすぐそばに社屋を構える100年を超える歴史を持つ、革小物製造・販売の東屋

東屋イメージ

(画像提供:東屋)

現在、東屋さんのオリジナルブランド「made in RYOGOKU」の、「”粋” HOKUSAI」シリーズから新商品が登場。
「”粋” HOKUSAI」シリーズは、私たちとおなじ「墨田」生まれの葛飾北斎の名画を財布の裏側(牛革)に印刷(インクジェットプリント)をほどこしたもの。これまで、『美人画』や『両国橋』などを印刷した商品を展開してきたそうです。
今回、浮世絵と言えば・・・という位有名な、富嶽三十六景の『神奈川沖浪裏』を印刷した新商品がMAKUAKEにて先行販売が始まっています。

以前から東屋さんの製品に興味を持っていた筆者は、噂を聞きつけ実際に東屋さんで商品をみせていただきました!東屋社屋

まずこの商品の凄いところは熟練の革職人の手仕事が発揮されているところです。北斎長財布

この財布の革の端をよく見ると、一つ一つ折り返して縫われています。この端処理を「ヘリ返し」と言い、それ自体も技術を必要とするものなんだそうです。しかし、さらにヘリ返しをした状態で名画がズレることなく縫製することは、高度な技術が求められます。

東屋制作イメージ

(画像提供:東屋)

筆者も商品を実際に手に取り、その圧倒的な技術力にびっくりしました。

今回のMAKUAKEのプロジェクトでは「”粋” HOKUSAI」シリーズの新商品、『神奈川沖浪裏』の長財布、名刺入れ、パスケースがリターンとなっています。

表面は普段使いしやすいシンプルな1カラー、裏面は和紙の質感を感じさせながら色鮮やかな北斎の名画をあしらい、見えないところにこだわる江戸っ子の粋が感じられます。

長財布

「”粋” HOKUSAIシリーズ」第一弾の束入を改良した新作です。
よりスリムにそして、コインポケットを裏側にしたデザインとなっているそうです。東屋財布

一見シンプルなお財布と思いきや・・・。(カラーは6色から選択可)

東屋財布サイド

開いてみると・・・!!!『神奈川沖浪裏』が見事に再現されています。

名刺入れ

シンプルでスリムな形です。女性用のジャケットの胸ポケットにも入ってしまうくらいのサイズです。

ピンクの名刺入れ

色のラインナップはお財布と同じ6色から選択可。

東屋パスケースサイド

ちらりと見える北斎の画が粋です。

パスケース(カードケース)

薄くてシンプルなパスケース(カードケース)
真ん中のポケットにはお札を半分に折った状態でいれることができます。

東屋パスケースパスケースのカラーは9色から選択可。お気に入りが見つかりそう!

 

北斎プチプチ

(画像提供:東屋)

そして、びっくりしたのがパッケージまで浮世絵なんです。

商品は北斎の『神奈川沖浪裏』を印刷した特別版パッケージで送られてくる、とのこと。現物を見せていただきましたが、再利用のイメージが浮かんでくる素敵なプチプチです。

一つひとつ職人の手仕事によるものなので、数量に上限があるとのこと。お早目のチェックをお勧めします。コロナ禍でなかなか海外のお友達と会えない今日この頃・・・。浮世絵は海外でも人気なので、海外の方へのギフトとしてもいいかもしれませんね!

商品の詳細など、プロジェクトのについてはMAKUAKEのページをご覧ください。

東屋はこちらです。

2021/09/25 17:01 2021/09/26 17:46
しもべ
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 在宅勤務 WEBコンテンツの校正・校閲スタッフ募集中

号外net 全国で地域ライター募集